コペンのエンジンオイルについて

エンジンオイル

車を所有して乗っていると必ずやらなければならないのが、エンジンオイルの交換。
むしろこれだけでもきちんとやっていれば、今の車はそうそう壊れる事は無く10万キロは軽く走ってくれる。
さてこのエンジンオイルの交換、巷の噂や都市伝説がまかり通ってたり、人によってこだわりも色々だったりで、粘度や銘柄、交換時期など、一向に「これが正解っ」ってものが掴めない。
そもそも乗っている車も人それぞれだし、ライフスタイルだって同じく。
だから各オーナーが「自分なりのオイル交換の最適解」を持っていれば良いわけだが、考える基準みたいなものがないと判断しづらい。

そこで今回は数多のコペンオーナーの為にコペクルのエンジンオイル最適解を晒しちゃいます。
あ、コペ乗り以外の方も見てってねぇ〜。

まずは純正を知る


コペンの純正のエンジンオイルは"AMMiX SN 5w-30"。
ダイハツのターボエンジン搭載車に広く使用されているもの。
”SN"っていうのはオイルのグレードの事。(ここらへんはまた後日に別エントリにて。)
メーカー指定の交換次時期は実は年式によって変わっている。
初期型が1年または10,000kmに対し、いつぞやからか6ヶ月または5,000kmになってる。
多分形式がLA-からABA-になったタイミングだと思われ。
(詳しく知りたい方はこちら→小変更点について
シビアコンディションの場合は各数値の半分。
フィルターは2回に1回交換。

オイルの交換量は2.5Lで、フィルターも一緒に交換時は2.7L。
しかし抜けきらない事が多いので必ずゲージで確認しながら少しずつ入れる事。
レベルゲージ(オイルパンの容量)はFULLが2.6LでLOWが1.6L。
ちなみにラインを含めた全容量は2.8L。

容量的には決して多い方ではないので、自分はFULLのラインまで入れている。

純正の仕様が解ったところで、自分なりに考えてみる。

粘度を考える


ターボ車なのでエンジンオイルはかなりの高温に晒される。
更にレッドゾーンが8,500rpmという高回転型だ。
つまりJBエンジンは温度変化の幅が広い。
しかし純正の制御では馬力規制の為に高回転でブースト圧が抑えられている。
なので純正のままふつーに乗るのならメーカー指定の5w−30でまったく構わない。

しかしブーストアップした車両や高回転を多用する人はちょっと不安。
現にポン付けで80ps(設定ブースト圧1.0)になるECUを販売しているD−Sport製のオイルは5w−40だ。

加えてタービンも専用チューンが施されたレスポンス重視の小径高回転型。
実際に冬場以外で峠を元気に走ったり、夏場に遠出をすると純正の粘度では熱ダレを感じる。(ミッションオイルも手応えがシャバシャバになる。)
メーカーもコペンだけに専用のオイルを用意するわけにはいかなかったのだから、ここはしょうがない。
ふつーに街乗りをしてる分には問題無い訳だし。

なので少しでもブーストアップをしている人や、高回転を多用する人は高温側の粘度を少し上げた方が良いと思われ。
特にタービンの保護を考えると必須とも思える。
低温側はもともと4気筒でフリクションロスが大きいので5wのままの方が良い。
むしろ5w−40でも真冬のクランキングは若干重たくなる。
冬は5w-30にするなど、季節によって粘度を使い分けるのがベスト。

交換時期を考える


6ヶ月または5,000kmはあくまで目安と捉える。
オイルへの負担が大きいのはやはり真夏と真冬。
夏は高温に晒され酸化が進む。冬は暖気が遅れ水分が含まれやすくなる。
なので年間10,000kmくらいまでの走行量の人は春と秋の交換がおすすめ。
過酷な時期を良い状態で乗り切るのだ。
そして負荷がピークを越えた後にくたびれたオイルを交換する。
もちろんもっと距離を走る人はそれに合った交換時期を。

銘柄を選ぶ


今の時代のオイルでは変なものは無いと言って良いと思う。
少なくとも量販店に並んでいる銘柄ではどれを買っても大して違いは無い。
鉱物油だろうと化学合成油だろうと、サーキットでも走らない限りはきちんと交換していれば何も問題は無い。
それよりも前述の様に粘度と交換次期を考えた方が余程有意義だし、体感も出来る。

でもやっぱり高いオイルはなんだか良い気がするし、何より気分が良い。
それにオイル選び自体が楽しいじゃんか。

まとめ:コペクルの交換サイクル


・年間で9,000kmくらい走るので年2回(4,000〜5,000kmの間のどっか)
・交換時期は春と秋(フィルターは春に交換)
・春は5w−40、秋は5w−30
・量はレベルゲージのFULLまで入れる
・無駄にちょっと良いオイルを入れる(気分の問題)
・秋に交換し損なったら寒いからディーラーでお菓子と珈琲コース(なまけもの)

こんな感じです。
ちなみに最近はガルフが多いです。

余談だけれど、実はエンジンを設計する時は、使用するオイルから決めていくとか聞き齧ったことがある。
なので迷ったら取り敢えず純正のやつを指定期間に従って交換しとけば良し。
けれど、オイルを色々と考えるって楽しい。
これも車遊びのひとつな訳だし、みんなも楽しんでやってみてね。

関連記事:
オイル交換を自分でする奴
オイルフィルターについて

Sponsored Link

コメントの投稿
オイル関係は難しいですよね。
実コペです。
ミッションオイルは入れるときの抵抗感で判断できる。
デフオイルはデフの効きで判断できる。
でも、肝心のエンジンオイルって難しいですよね。
交換直後はパワー感を感じたり…プラシーボな気がしたり…
自分は純正ヘビーローテーションで良い気がします。
そりゃ科学油とか気分がgoodですが、poorなので…
でも、コペクル様の記事を拝見させて頂くとちょっと高回転で粘ってくれた方がイイ気がしてきました汗
from 実コペオーナー@油無知 at 2015年10月17日 22:26
実コペ様

純正良いですよ。
コストをかけて色々と考えられてますからね。
でもオイル選び楽しいですよ〜。
これも車遊びのひとつです。
まあ、違いはあまりわかりませんが。笑
from コペクル at 2015年10月19日 23:31
お名前:

本文:

※オーナーが承認したもののみ表示されます。