コペンのオイルフィルターについて - その2

コペンのオイルフィルターについてのその2です。
 前回の記事はこちら→その1

専用品となっているコペンのオイルフィルター。
それでは汎用品とどこが違うか比べてみましょう。

汎用品代表は近くの量販店で売っているもの。
ダイハツ車用のJBエンジンやJCエンジンに適合するやつです。

コペンのオイルフィルター比較
まずは外装から。
箱の高さからしてもう違う。
純正品は交換手順が小さな文字で事細かにびっしりと書かれています。

コペンのオイルフィルター比較-2
開封。
汎用品に比べコペン専用は低くて幅広です。

コペンのオイルフィルター比較-3
純正品はどんだけ締めたか分かりやすいように矢印が書かれています。
こういう気配りは嬉しい。
特にこのクルマは確認しづらいので尚嬉しい。

コペンのオイルフィルター比較-4
装着面はこんな感じ。
径は汎用品が65mmでコペン用が68mm。
もちろんオイルフィルターレンチのサイズも同様です。
エンジンからのオイルを通す穴の数も違います。
市販の奴は小さいのが8個、純正の奴は大きいのが6個。
更に純正の方はテーパー状になっていて、オイルが流れ込みやすくなっています。

これだけ見ただけだと、どっちが良いとは言えない。
純正のコペン用の方が流入口の形状的に若干抵抗が少ないのかなと思われる。

で、コペンにJB・JCエンジン用の汎用品は付くのかと言う疑問なんですが、
結論を言うとブロックが一緒なんだから汎用品でもフツーに付きます。
コペンのオイルフィルターが専用品になったのは、ひとえにあの装着位置とクソめんどい脱着方法ゆえ。(気になる方はその1を見てね。)
なのでMyコペみたくエアコンコンプレッサーを撤去していたりしてスペースに余裕があると汎用品でも簡単に脱着が可能です。(エアクリーナーBoxを外して上からアクセス。)
径が3mm程違うんですが、どちらの径でもパッキンはちゃんと所定の位置に着座します。

量販店で買う方が入手も楽だし値段も半額くらいで済む。
しかしながらコペクルは純正品派です。
だって専用品ってなんか良いじゃないですか。
うん、ただそれだけ。
なんかちょっと特別な気分を味わいたいだけ。

それにディーラーの整備士の方曰く、コペン専用品は他の奴より性能が良いらしい。
一体何の性能が良いのか。
ろ紙が多いのか?長いのか?抵抗が少ないのか?
んー、気になります。

てことで次回はついにその中身を見てみようと思います。
お楽しみに。

Sponsored Link

タグ:オイル
2015/07/24 | Comment(0) | コペンのすべて
コメントの投稿
お名前:

本文:

※オーナーが承認したもののみ表示されます。