意外と知らない?JAFについて

みなさんJAFって知ってますか?
クルマ好きなみなさんならもちろんご存じかと思います。
バッテリー上がっちゃったり路上で故障しちゃったり、冬場雪に埋まっちゃったりしたときに助けてくれる、あの頼もしい方々です。
そんな一面から、たんなるロードサービスの会社だと思っている方も多いのでは。

実はJAFは日本のクルマ文化、車社会に大きく関わっていて、僕らにとっても無くてはならない存在なのです。
しかしながら、どんな団体で、どんな活動をしていて、どんな役割を果たしているのかは、意外と知られていません。
ここはいちクルマ好きを代表いたしまして、ちょっと紹介したいと思います。


JAFとは日本自動車連盟のこと


JAFとはJapan Automobile Federationの略で一般社団法人日本自動車連盟のことです。
自動車を運転する全てのドライバーの権利とそれに伴う利益を保護し、
健全な自動車社会の発展を促進する目的で設立されました。
現在の会員数は約1750万人。
一見多そうですが、運転免許証の保有者数は約7750万人なのでまだまだ少ないです。
F1やWRC、WEC、WTCCなどの世界的なモータースポーツを取り仕切っているFIAこと国際自動車連盟に加盟している日本で唯一の団体です。


日本のモータースポーツはJAFのおかげ


スーパーフォーミュラなど日本で行われる色々なモータースポーツを管轄し公認を行っています。
2013年からはみんなの大好きなドリフトも管轄になりました。
また、競技に必要な様々なライセンスの発給もJAFの仕事です。


ドライバーの最後の砦、ロードサービス


みなさんもさん良く知っているロードサービス。
お世話になった経験がある方もいるかと思います。
自分も大雪の日に一回世話になりました。
現在は年間約300万件の出動があるとか。
予期せぬトラブルに見舞われどうしようもなくなった時の心強い最後の砦です。
会員でなくとも料金を払えば支援は受けられるので、もしもの時のために電話番号は入れといて損はないです。


その他の活動


その他に国際ナンバー発行の代行や、外国運転免許証の切り替えに必要な翻訳文書は日本で唯一法的効力を持ち得ています。
会員になるとJAF Mateという月刊誌が郵送されてきます。
これが結構ためになったりするんですが、もう少し若々しい内容もあるともっと若い世代の会員も増えるんじゃないかなーとか勝手に思ったり。
派手目なレースの記事とか。スポーツカーとか。
あとは交通安全や環境問題の啓発活動もなんかももちろんやっています。


不合理な自動車税の改正への活動


JAFは自動車税制を改善する活動も行っています。
今の日本のクルマに対する重税はどう考えても納得いきません。
これは皆さん心を同じくするところかと思います。
 (自動車税について詳しくはこちら→自動車の税金について
具体的に訴えていることは、
・重量税、取得税、ガソリンの暫定税率の即時廃止、
・ガソリン税に消費税が課せられるいわゆるTax on Taxの解消、
・新たに導入される環境性能課税への反対、
・旧いクルマへの重課措置の廃止、などです。
これらを取りまとめ要望書として国へ提出しています。
もっと詳しく知りたい方はホームページ↓から見て下さい。
前はホームページから僕らも署名できたんですが今はどうだろ。
なんにせよ税金はぼやいていても取られるだけ。
僕らひとりひとりが関心を持ち、声を上げ続けることが大切です。

クルマが好きだから、JAFを応援


いかがでしたでしょうか。
僕らが日々クルマに乗って楽しんだり、レースに興奮したりしている裏で、人知れず頑張ってくれていたんですねぇ。ありがたや。
特に税金の件はこれからも頑張っていただきたい。
さらに余裕がありましたら自動車保険への活動もよろしたい。

あ、年会費は4,000円です。
これで殆どのロードサービスが無料です。
N◯Kに比べたら遥かに良心的。
雪国のコペン乗りには必須です。
しかもJAF会員特典として全国の色々な施設や宿やお店で割引などの優待を受けられます。
これ意外と知られてないんですよねぇ。
旅好きな人はもとなんかすぐに取れちゃう。
自分はドライブの時によく寄るパン屋が10%割引でウマウマです。

さあみんなも、ひとりのクルマ好きとして、
日本のクルマ文化推進としてJAFへ入ろう。(・∀・)ノ

JAFホームページへ

Sponsored Link

コメントの投稿
お名前:

本文:

※オーナーが承認したもののみ表示されます。