自動車保険について

2013年4月より自動車保険が改定され「事故有係数」なるものが新設されました。
事故を起こして保険を使った人はその後の支払い額が結構な勢いで高くなります。
3等級ダウンで3年間、1等級ダウンで1年間です。
これは実質的に課せられるペナルティーです。
実質値上げ&使わせないことにより、車ユーザーが頭打ちの現在の中で、保険会社はなんとしてでも利益の水準を保ちたい様です。

自動車の任意保険、もはや簡単には使えない


そして等級据え置き事故も廃止され1等級ダウン事故とされました。
盗難やいたずら、自然災害なんかでも等級が下げられ、「事故有係数」が適用されてしまいます。
飛び石でフロントウィンドウにヒビが入ってしまった場合なんかもです。
数万円程度ならば保険を使わずに自腹で直した方が総合的に安くなる場合が多いです。

もしもの時の為に保険をかけ保険料を払っているのになんだか納得がいきません。
保険を使わず保険料だけ払い続けろと言われてる気がします。
しかしもう一方的にこんな風になってしまったのだから仕方がありません。
保険に入らないわけにもいきませんしね。
ユーザーは成されるがままです。ナンカムカツク

この際だからちゃんと見直そう


今まで何となく契約していた自動車保険。
もう徹底的に見直してやるわ。くらぁ。

そこでまず考えらさるのが車両保険。
もうおいそれとは使えないのだから、かけてる意味が薄らいでます。
ローンが終わったらやめてしまうのも手ですね。
どうせ数万くらいは自腹で直す方が得なのだから免責金額を上げてしまいましょう。
保険額も最低の設定で。

賠償系はさすがに削れないのでそのままで。

あとは細かいオプション系。
ここら辺は気付いたら廃しになっていたり、内容が変わっていたりするし、
塵積もで結構な上乗せになってしまう。
迷わずに全部解除。
ただ「弁護士費用特約」だけは付ける事をおすすめします。
完全なもらい事故みたいな10:0で相手が場合、保険会社は関与してくれません。
だって自分の保険使わないから。
最近はアタマのちょっとアレな方々も多い事ですし。
そんな時に自分に替わって弁護士に相手と交渉して頂く為の費用です。

ネットでの見積もり、契約がおすすめ


保険会社選びは絶対「通販系」。俗にいうダイレクト保険。
直販系(って言うの?)とくらべ値段が半分くらい。
もうびっくりするくらい安い。
一体今までのはなんだったんだ…。
その中でも距離で保険料が安くなるとこなんかがおすすめです。
走らなかった分は翌年に繰り越し出来たりして車両保険を入れても2万円しなかった事もあったり。
それでもかなりの会社があるし、びみょーに商品内容が違うので、
価格.com自動車保険みたいなサイトで一斉見積もりしちゃうのが楽ちんです。
新規だと割引がデカイのでこだわりがなければ毎年乗り換えるのもあり。
最初は何だがめんどくさそうでも、実際は必要事項のフォームを入力していくだけなので簡単。
納得の行くものがあったら見積もりからそのまま契約へ。

直販系だってメリットはある


では直販系は様用無しかと言うとそうでもありません。
改造車に乗っている場合は通販系は難しくなります。
改造車って言うのは車検証の形式番号の後ろに「改」ってなってるようなやつ。
例えばエンジンを違うのに載せ換えたり、ボディを大きくして軽から登録車にしたりとかです。
そういうクルマは保険をかけてくれる所を探して入るしかないです。
そういう改造が得意なショップは紹介してくれたりもします。

税金も上がるし保険料も上がる。
納得はいかないけれど文句ばかり言っていても何も変わりません。
賢く対処して楽しいカーライフを送りましょう。

Sponsored Link

コメントの投稿
お名前:

本文:

※オーナーが承認したもののみ表示されます。