純正シートのローダウン加工(座面叩き&アンコ抜き)

またまたシートを外したので前からやりたかったアンコ抜きを実施。

そもそもコペンの純正のシートには満足していた。
最初はしっくり来なかったレザーシートも、乗る度にどんどん馴染んできて半年後くらいには自分の身体にぴったりに。新車で買ってホントに良かった。
この時点で着座位置は納車時より10〜15mmくらい低くなってる。

更にその後、ドリンクホルダーの取り付けついでに座面の取り付け部分をぶっ叩き&ステーを曲げて10〜15mmダウン。
純正シートのローダウン加工座面叩き
着座位置を下げたいと言うより尻下がりにしたっかっただけなんでこれ以上下げるつもりはなかったのだが、友達のシルビアに乗ると…めっちゃ低い。
まあ、車高自体かなり下げてるんだけどね。
バケットシートだからとかじゃなく、助手席の純正シートでもめっちゃ低いんだこれが。
むぅ…( -д-)…。

そんなこんなでアンコ抜きに至りまして。
純正シートのローダウン加工アンコ抜き
座面のレザーをめくるとこんなリングで留まっいる。なかなか外しにくい。
マイナスドライバーでこじって先の曲がってるラジオペンチで取っていく。

ショボいラジオペンチ
ラジオペンチはそれなりにちゃんとした物を用意しましょう。そんな高いものでも無いし。
でないとこんなんなります。
100均のはグリップ部がぬるぬる動いて思うようにチカラがかけられず超絶なイライラが襲う。

純正シートのローダウン加工アンコ抜き-2
剥がすとこんな感じ。
リングを外すのがめ面倒すぎて底を切ろうかと思ったけども、理想の尻下がりを求めて頑張ったった。

純正シートのローダウン加工アンコ抜き-3
切る時は小分けに切れ目を入れてむしっていくと上手くいく。
なんか無性にベイクドチーズケーキが食べたくなった。
あんまり深く抉るとレザーがだぶつくので、出っ張ってる部分だけやった。だいたい20mmくらい。

純正シートのローダウン加工アンコ抜き-4
尻の部分だけだと段差が出来てしまうので太腿の部分も角をとってやってなだらかにする。
画像は助手席のやつ。運転席側はペダル操作があるのでこれの倍くらい広く削ってる。
デコボコでもレザーを被せてしまえば分からないのでこんなもんです。
 (※やっぱし助手席も運転席と同じくらいやったった。)

純正シートのローダウン加工アンコ抜き-5
戻して完了。このくらいのアンコ抜きなら見た目も特に問題無い。
育て中のデニムの藍が移ってしまってますね…。


↓インプレショッン↓

低いっ!
作業中に想像してたよりずっと低い。
たったこれっぽっちでも変わるもんだ。
着座位置は165/55R15のネオバと現在のサスの仕様で実測約310mm。
座ったら沈むのでもう実際はもう少し低い。
参考までに身長174cmで頭の上には拳2つ分の空間が。
肩はベルトラインから20〜30mm低い。

◎ 良き所
尻下がりになって太腿がきちんとレストされてかなり快適。
お尻がすっぽり包まれてホールド感アップ。
座面が下がったので相対的にシートバックが高くなりこれまたホールド感アップ。
なんかシフトノブも高くなって近くなった。
ステアリングのチルトが下がるので角度が起きてスポーティに。
信号が見やすくなった。
空の見える面積が増えて開放感アップ。
なんかちょっと広くなった気がする。
きっと重心も下がったはず。
ちょっぴり軽量化。

△ 悪き所
余計に乗り降りがしずらくなりおった。
近くの路面が全然見え無か。
後続車や対向車のライトが眩し。

結果大満足。もっと早くにやれば良かった。
これでまた一段とドライブが楽しくなった。
でもきっとすぐに慣れちゃうんだろうけどね。
(追記→一日で慣れた。笑)

Sponsored Link

コメントの投稿
お名前:

本文:

※オーナーが承認したもののみ表示されます。