コペンのグレードについて

コペンは2002年6月に登場し、2012年9月の販売終了まで、なんと10年ものモデルライフを全うしました。
その間は大きなマイナーチェンジも無く、一貫して売られていました。
これはかなり珍しい事だと思います。
それだけこのコペンと言うクルマの完成図、即ち「作り手がどういうクルマを作りたくて、どういうクルマを届けたいか」が明確であり続けた証しだと思います。

全販売グレードまとめ


そんなコペンですが、特別仕様車やグレードは結構バリエーションが存在します。
ここでは販売期間の全グレードをまとめてみました。
ちまににコペンは全てのグレードでシートとドアトリムが同色でコーディネートされております。
合わせてMOMOステのグレードはセンターのホーンボタンもどきもしかり。

アクティブトップ


(2002年6月〜2012年8月)
ベースグレード。発売から生産終了まで一貫して売られていた。
もちろん電動メタルトップ。

ディタッチャブルトップ


(2002年9月〜2007年8月)
コペンの最大の売りであるアクティブトップを廃し、樹脂製の脱着式のトップを載せてやく30kgもの軽量化をしたストイックなやつ。更にタンク別体のスペシャルチューンドサスやブレースの追加までしたチーフエンジニアの相坂氏の思いが詰まったグレード。販売台数自体が約350台と希少。

この2つが発売当時のグレード。どちらもMT、AT関係無く149.8万円のワンプライス。
ほんとよくやったよダイハツさん。

1stアニバーサリーエディション


(2003年7月〜2004年5月)
発売一周年を記念してリリースされた特別仕様車。
ウッド&レザーのMOMOステアリングとタンカラーのレザーシートを装備した英国車風味な一台。後のタンレザーエディション。
イメージカラーはダークグリーンマイカ。

タンレザーエディション


(2004年6月〜2009年8月)
上記参照。1stアニバーサリーエディションがめっちゃ人気だったため継続販売。

2ndアニバーサリーエディション


(2004年6月~2006年5月)
二周年記念特別仕様車。グリップがレッドのMOMOステアリング、レッド&ブラックのレカロシート(ファブリック)、セットオプションでしか付けられなかったディスチャージヘッドランプを装備したスポーティーな一台。
イメージカラーはシャイニングレッド。

アルティメットエディション


(2006年6月〜2007年8月)
四周年でついに走りの部分に手が入った気合いのグレード。ビルシュタインダンパー、鋳造BBSホイール、ブラック&オレンジのアルカンターラレカロシートを装備したまさに究極の一台。リアパフョーマンスブレースも入ってます。
イメージカラーはパールホワイト。

レザーパッケージ


(2007年9月〜2009年8月)
発売当初からあるセットオプションのレザーパックをグレード化したもの。
MOMOステと真っ赤なレザーシートが装備。
これとシルバーのボディカラーがデビューからのコペンのイメージリーダー。
アルティメットエディションのバカ売れに押されて後半に廃止になるのが寂しい。

アルティメットエディションIIメモリアル


(2007年9月〜2007年12月)
ダイハツ100周年記念の気合いのメモリアルモデル。アルティメットエディションに加えブラックメッキグリル、クリアテールランプ、クリアハイマウントストップランプ、専用エンブレム、ホワイトメーター、インテリアの随所にメッキパーツやピアノブラックを施した何だかもうよく解らないけれどすごい一台。レカロシートはキャメルorオレンジ。
運転席のドアにシリアルプレートが付く。
イメージカラーはダークレッドマイカ。

アルティメットエディションII


(2008年1月〜2010年7月)
上のやつ↑がものすごい勢いで売れたもんだからからシリアルプレートを省いて販売継続。
はたしてメモリアルとは何だったのか。

アルティメットレザーエディション


(2009年9月〜2010年7月)
アルティメットエディションIIのレザーシート版。ブラックとアイボリーがありMOMOステはブラックがレザー、アイボリーがウッド&レザーとなる。BBSホイールはガンメタ塗装。
アイボリーは販売台数が少なく希少。
イメージカラーはブラックマイカメタリック。

アルティメットエディションS


(2010年8月〜2012年8月)
アルティメットエディションIIとアルティメットレザーエディションを統合。シートとステアリングのコンビネーションを選べるようになった。が、レカロシートはキャメル、レザーはブラックのみでホイールはガンメタのみに。完全に事実上の販売整理。
テーマカラーはブライトシルバーメタリック。

10thアニバーサリーエディション


(2012年4月〜2012年8月)
コペン最後の特別仕様車。ロゴ&シリアル入りスカッフプレート、ブラックメッキグリル、BBSホイール(シルバー)、ブラックレザーシート、内装メッキパーツを装備。
が、スカッフプレート以外は既存の在庫パーツで最後のくせにショボいと言われる。
イメージカラーはパールホワイト。

ざっとこんな感じです。
大きく分けてアニバーサリー系はアクティブトップベース、アルティメット系は最初のアルティメットエディションベースって感じですね。
てかアルティメットエディション出し過ぎ。まあそれだけ売れたからなんだろうけど。

最後の特別仕様車の10thアニバーサリーエディションがアクティブトップベースで慎ましやかなのはちょっと好感です。

Sponsored Link

コメントの投稿
お名前:

本文:

※オーナーが承認したもののみ表示されます。