コペンのカラーバリエーションと塗装について

コペンはモデルライフが約10年と長く、それに伴いカラーバリエーションも豊富です。
追加されたり無くなったりして、最終的には合計12色にもなりました。
そしてその塗装についても、特徴的なエクステリアデザインの魅力をより一層引き出す為に、非常にこだわって仕上げられています。

こだわりの塗装は5層コート


ホワイト以外の全ての色はクリアを2層にする5層コート(ダイハツではDouble Clearと言う)、ホワイトは中塗りを2層とする4層コートです。
ハイライトとシャドウのコントラストがはっきりとしていて美しく、また、塗装の僅かなうねりも極限まで無くし、まるで陶器の様な滑らかな質感を実現しました。
コペンの秀逸なエクステリアデザインを余すところ無く表現してくれます。
特に前後のフェンダーフレアを繋ぐキャラクターラインが本当に綺麗です。
コペンパールホワイト
※画像はパールホワイト

カラーバリエーション&色番号(カラーコード)


発売時(2002年6月)のカラーバリエーションは8種類。
ブライトシルバーメタリック、ホワイト、シャイニングレッド以外はオプション。

・DC-ブライトシルバーメタリック(S28)
言わずとしれたコペンの永遠のテーマカラー。コペンのデザインを表現する為に新規に専用開発。
大粒のアルミフレーク使用でボディ各所でのコントラストを大きくし、フォルムを引き立たせる。

ホワイト(056)2009年9月にカラー番号変更(W09)、2010年8月廃止
ホントに真っ白。

・DC-シャイニングレッド(R40)
スポーツカーの定番キャンディーカラー。真っ赤っか。
特別仕様車のセカンドアニバーサリーエディションのテーマカラー。

・DC-パールホワイト1(W16)
マーブル系。特別仕様車のアルティメットエディション、
そして最後の特別仕様車10thアニバーサリーエディションのテーマカラー。

・DC-ブラックマイカ(N05)2003年12月に廃止。
希少色。メタリックじゃない黒。
高品質な仕上げが仇となって傷が目立つと言うクレームが多かったため廃止に。

・DC-ジューヌイエロー(Y07)2010年8月廃止
ディタッチャブルトップのテーマカラー。
ジューヌってフランス語で黄色だから黄色黄色ってなんで2回言うねん。

・DC-ダークグリーンマイカ(6Q7)
ブリッティッシュなお味。
特別仕様車のファーストアニバーサリーエディションのテーマカラー。

・DC-ダークブルーマイカメタリック(B42)2010年8月廃止
青と言うより紺色。

モデルライフのなかで追加された色は4色。
どれもオプションカラー。

・DC-スチールグレーメタリック(S30)2004年6月追加、2009年9月廃止
ガンメタ系。ちょっと青系。

・DC-シャンパンメタリックオパール(T17)2004年6月追加、2007年9月廃止
要望が多かったペールトーンカラー。でも実際にはあんまり売れなかった。

・DC-ダークレッドマイカ(R54)2007年9月追加
特別仕様車のアルティメットエディションIIメモリアル、
その後のアルティメットエディションIIのテーマカラー。
ブラウン系にも見えてなかなか良い。めっちゃ売れる。

・DC-ブラックマイカメタリック(X07)2009年9月追加
復活の黒。特別仕様車のアルティメットレザーエディションのテーマカラー。
アイボリーのレザーシートとの組み合わせがカッコ良すぎる。

色によって結構キャラクターが違った印象になりますね。
どれも素敵です。

Sponsored Link

コメントの投稿
お名前:

本文:

※オーナーが承認したもののみ表示されます。